引越し体験談2

私、会社員男性。現在、44歳です。7~8年前くらいの引越での事ですが、当時私は新婚でまた子供を産まれ家が狭くなってきた事と産まれたばかりの子供の事を考慮して親の近くに住んでいた方が何かと動きやすいだろうということで引越を決めました。同じ市内での移動(引越)だったので、さほど大変な事はなかったのですが、引越を行う数ヶ月前に新しい大型冷蔵庫を購入したばかりでした。電器店の従業員の方も設置の際には搬入に苦労していて、引越の際にはこの冷蔵庫の移動は大変だろうなと思っていました。引越の当日、インターホンが鳴ってやってきた引越業者の人達はおじさん(ほとんどおじいさん)2人でした。明らかに下請けの人達とわかりました。とても有名な会社に頼んだので心配などしていませんでしたが、急に不安事項が増えてきました。私は仕事の為、行かなければならず後は妻に任せていたのですが。新しい家に帰宅して妻に話を聞いたら案の定、冷蔵庫を出せない、動かせない、持ち上がらない、玄関の扉が直せない(搬入の時に扉を外さないと入らないため)等々。最終的には終わったのですが、予定時間をオーバーして新品だった冷蔵庫は傷だらけ凹みだらけになりました。妻の怒りは収まらず引越業者に電話をし、経緯を話し冷蔵庫を新品と交換まではいきませんでしたが引越の費用はただになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です